投資家から出資を募る

出資してもらうメリット

起業したいという時に問題になるのが事業資金です。自分の用意したお金だけでまかなえれば良いのですが、足りない場合にはお金を借りたり、融資してもらう、投資家に出資してもらうなどの方法でお金を集めることが必要となります。出資をしてもらうという場合には、様々なメリットとデメリットがあるためそれを理解して行います。まず、出資をしてもらうメリットとしては、返済がないということがあげられます。起業することで、利益を出すことを期待した投資家が株式などを見返りに金銭を提供するためです。基本的に利息がないというのもメリットです。その代わり、利益が出た時には配当することが求められます。そのほか、出資を受ける際には担保や保証人を用意しなくても良いのがメリットとなります。

出資してもらうデメリット

一見色々なメリットのある出資ですが、もちろんデメリットもあるため注意が必要です。 デメリットとしては、株式を買ってもらってお金を出してもらう形ですので、経営の自由度は下がります。日本では経営者よりも株主の方が強いため、結果を出さなければ株主に会社を乗っ取られてしまうというリスクがあります。また、高度な経営判断も必要となってきます。株主のいいなりになってしまうと、必要以上に株が安く買い叩かれてしまうことも考えられます。このようなデメリットを避けるためには、返済や利息などはあるものの、経営の自由度を保ったまま資金を得られるというメリットがある融資を選ぶこともできます。どちらが良いかは、メリット・デメリットを考えて選ぶことが大切です。